治療と手術

治療は
(1) 生活習慣の改善と薬物療法
多くの痔核はこれで良くなります。急に強く痛む痔核もあわてて手術する必要はありません。
(2) 手術療法
(1) を行っても、繰り返して良くならない痔核に行います。
当クリニックで行っている痔核日帰り手術
ジオン注射(四段階注射法)と結紮切除術とを行っています。

(1) ジオン注射(四段階注射法)
ジオン注射は新しい治療法で、痔核に直接注射をして縮小させ、手術後の痛みや出血が少ないのが特徴です。外痔核には効果が無く、結紮切除術に比べ再発がやや多いので、内痔核だけでそれほど大きくないものに行います。

(2) 結紮切除術
結紮切除術は、痔核を切って取る一番すっきり治り再発の少ない(根治手術)昔から行われている手術です。従来は手術後の痛みが強く出血も多いので入院して行っていました。粘膜を縫合する半閉鎖法などの手術の進歩で日帰りでも行えるようになりました。ただし、痔核の数が多かったり、大きかったり、体格の良い方は、入院をお勧めしています。日帰り可能かどうかは診察してからの判断になります。入院手術の場合は、社会保険中央総合病院に入院して、西尾医師が手術を行います。もちろん、他院あての紹介状をお書きすることもできます。

■手術時間はどちらも30分間位で、少し休んですぐ帰宅できます。
→  日帰り手術の流れ