そけいヘルニアとは

足の静脈は、本来は血液を足から心臓に向けて流しています。足の表面の近くを通る静脈が弱って弁の働きが悪くなると、血液が反対方向(足の上から下へ)に流れてしまい足にたまってくるのが下肢静脈瘤です。ぼこぼこと浮き上がっているこぶは、流れが悪くなったため、血管の中に血液がたまっている状態です。


原因は
体質的なものと考えられます。長時間の立ち仕事や妊娠は足の静脈に負担をかけ、静脈瘤を悪化させます。
症状は
最初はぼこぼことしたコブがあるだけで足の具合が悪いことはありませんが、足に血液がたまってくるので、重さやだるさを感じたり、むくみがでたりします。夜中にふくらはぎがつる(こむらがえり)のもよくある症状です。さらに進むと皮膚の血液の流れが悪くなり痒くなったり色が黒ずんだりしてきます。一番悪くなった状態が、皮膚がはがれ落ちた潰瘍(かいよう)の状態です。