検査について

当クリニックの下肢静脈瘤の診断方法は
  • カラードップラー超音波検査を行います。この検査でどの静脈が悪くなっているかわかります。下肢静脈造影を行わなくても超音波検査でほぼ診断できます。当クリニックでは最初の診察の時に専門の検査技師が超音波検査を行い、すぐに治療方針を提示します。
下肢静脈瘤の超音波検査は短パンに履き替えていただき、立った状態で行います。 超音波検査の画面。赤く見えているのが太くふくらんだ大伏在静脈の断面です。カラードップラーは血液の流れの向きを色で表すので逆流があるかないかすぐにわかります。