治療について

下肢静脈瘤の治療
  • クモの巣状静脈瘤や網目状静脈瘤
    超音波検査で伏在静脈と呼ばれる皮下脂肪の中を通っている表在静脈に異常が認められない、クモの巣状静脈瘤や網目状静脈瘤(血管が浮き出ていたり、内出血のような静脈瘤)には手術の治療はありません。このような静脈瘤があり、むくみ、足の重さ、だるさ、つりなどの症状がある場合、弾性ストッキングを履くと症状が軽くなるのでお勧めしています。当院ではこのような静脈瘤に対し直接治療することはしていません。



  • 伏在型静脈瘤
    超音波検査で伏在静脈が太くなり弁がこわれていて血液が逆流している伏在型静脈瘤(血管がぼこぼことコブになっている静脈瘤)です。このタイプの静脈瘤は、硬化療法や結さつ手術では治療しきれないことが多いです。当院ではこのような静脈瘤に対しては弾性ストッキング、ストリッピング手術、レーザー手術を行っています。
    →  弾性ストッキング
    →  ストリッピング手術
    →  レーザー手術



手術のタイミング

下肢静脈瘤は命にかかわることはまず無いので、手術を受けたくない人は一生そのままでもいいわけです。しかし、自然に治ることはないし、症状はゆっくりと悪化していきます。静脈瘤も大きくなり数も増えます。静脈瘤がひどくなってから手術するより、小さいうちに手術する方が切って取る静脈は少なくてすむことが多いので、手術するのであれば早いほうがいいと思います。特に症状の強い方、立ち仕事の方、若い方は早めの手術をお勧めします。