日帰り手術の麻酔

日帰り手術の麻酔

当クリニックで行っているそけいヘルニアの手術の麻酔は、静脈麻酔(軽い全身麻酔)と局所麻酔を組み合わせた「眠っているうちに手術が終わり、手術後の痛みの少ない麻酔」です。

日帰り手術と入院手術では手術の内容は変わりません。違うのが麻酔です。入院手術の場合は、脊椎麻酔(背中から針を刺して行う下半身麻酔)や気道にチューブを入れる全身麻酔で行うことが多く、体の負担は大きくなります。また、手術前に下剤を飲んだり、浣腸したり、手術後に尿が出にくくなるので尿道に管を入れたりします。特に、脊椎麻酔の場合は、手術後に頭痛がしたり、尿が出づらかったりで、手術したところの痛みより、こちらの方がつらかったという方がいらっしゃいます。

日帰り手術では、できるだけ体に与える負担が少なくするように、局所麻酔を使います。歯医者さんで、歯ぐきに注射するのと同じ麻酔です。歯科の治療後にすぐに口を動かしてしゃべることができるように、手術後すぐに歩けます。理事長は、病院勤務していた時はずっと局所麻酔だけで手術を行ってきました。しかし、局所麻酔だけでは、麻酔の注射の痛みはありますし、手術で引っ張られたりするのもわかります。手術中の緊張感、恐怖感を全く無くすことはできません。緊張していると、血圧は上がり、脈は速くなり、全身の筋肉に力が入ってしまい、体の負担は大きくなります。そこで、このクリニックを始めてからは、静脈麻酔(点滴から眠くなる薬を入れる麻酔)も追加して、眠っている状態のうちに手術を行っています。この方が楽に手術を受けることができ、局所麻酔だけの手術より、体の負担は少ないと考えています。実際、以前にそけいヘルニアの手術を理事長が局所麻酔だけで行い、その後反対側のそけいヘルニアが出てきて当クリニックで手術を行った方は何人かいらっしゃいますが、全ての方が眠っていた方が楽だとおっしゃいます。静脈麻酔は、全身麻酔の範疇に入り、体の負担が大きいのではないか、目が覚めなくなるのではと不安になるかもしれませんが、そのような心配はありません。

肥満の方やそけいヘルニアを押しても戻りきらない方に対しては、当クリニックで行っている麻酔では不十分で、入院して気道にチューブを入れる全身麻酔や脊椎麻酔を行って手術を受けることをお勧めしています。