手術について

治療は
薬や注射で抑える方法ではなく、手術による治療しかありません。市販のヘルニアバンドをつけている方がいますが、ヘルニアバンドで治ることはなく、出っ張らないように強く抑えると皮膚が圧迫されて傷んでしまうのでお勧めできません。かんとんになると緊急手術が必要になります。
手術のタイミングは
そけいヘルニアはかんとん状態にならなければ命にかかわることはないので一生そのままにしておくこともできます。しかし、大人のそけいヘルニアは自然に治ることは無く、少しずつ大きくなり、出ている時間も長くなります。治療法は手術しかないので、大きくなってから手術するより小さなうちに手術した方が楽だと思います。
新宿外科クリニックの手術は
そけい部小切開手術と内視鏡手術を行っています。
いずれも、手術を行っている正味の時間は30分から1時間程です。
(1)そけい部小切開手術
当院で2007年開院以来行ってきた術式です。従来から行われてきたそけい部切開手術の皮膚切開を、手術後の痛みを少なくするために、できるだけ切開を小さくして、筋肉のゆるい部分にメッシュ(ポリプロピレンのネット状のシート)を当ててふさぐ手術です。
(2)内視鏡手術(TEP法)
おへそを小さく皮膚切開し、内視鏡を入れて、そこから筋肉のゆるい部分にメッシュを当ててふさぐ手術です。そけい部小切開手術に比べてさらに切開を小さくすることができます。
そけいヘルニアの内視鏡手術には、おなかの中(腹腔内)で操作する腹腔鏡手術の腹腔内到達法(TAPP法)とおなかの中には入らない腹膜外到達法(TEP法)があります。
TAPP法は、筋肉のゆるい部分を直接見ることができたり、細い鉗子(手術器具)で行えたりという利点があります。しかし、通常そけいヘルニアの手術では触れなくても良いおなかの中に入るため、深い全身麻酔を必要として、体の負担は大きくなるので、当院では行っていません。
当院で行っているのは、TEP法で、おへその切開1か所だけで行う単孔式(SILS-TEP)です。TEP法はおなかの中に入らないので、TAPP法より浅い麻酔で行うことができます。
内視鏡手術は、そけい部小切開手術(3~5㎝)に比べ、さらに小さな切開(2㎝)で手術することができるので、より手術後の痛みが少なくなります。また、そけい部切開手術に比べて、まれに手術後に起きるそけい部の違和感、しびれた感じ、慢性疼痛も減少します。
内視鏡手術はこれまで深い麻酔で行う入院手術で行われてきました。当院では、開院以来おこなってきた日帰り手術の麻酔を応用し、さらに内視鏡手術の経験豊富な外科医を招聘することで、そけいヘルニアの内視鏡手術を安全に日帰りで行えるようにしました。
そけいヘルニアの日帰り手術が可能か、さらに内視鏡手術が可能かは、直接診察してから判断します。
そけいヘルニア手術の費用
初診(検査代含めて)
健康保険
3割負担の方
健康保険
2割負担の方
健康保険
1割負担の方
5000円前後 3500円前後 2000円前後
そけい部小切開手術(片側)
健康保険3割負担の方 健康保険1・2割負担の方
3~5万円 ~14000
内視鏡手術(TEP法)(片側・両側に限らず)
健康保険3割負担の方 健康保険1・2割負担の方
10万円 ~14000
→  日帰り手術の流れ