痔核(いぼ痔)とは・痔核の手術

痔核(いぼ痔)とは

肛門の内と外には静脈網と周囲の結合織があり、肛門が閉じるときのゴムパッキンのような役目をしていて、クッションと言われます。痔核は、そのクッションが厚く大きくなったものです。
痔核の主な症状は肛門のでっぱりですが、痔核ができる位置によって『内痔核』と『外痔核』に分けられます。
いぼ痔と混同されるものに『肛門皮垂』がありますが、これは皮膚のたるみであり、痛みや出血の原因となることはありません。

内痔核(ないじかく)
内痔核は、肛門の中(直腸側)にできる痔核です。
内痔核の主な症状は出血脱出で、痛みが無いことも多いです。
そのため、知らないうちに出血していたということもあります。
内痔核は脱出の程度によってⅠ~Ⅳ度と以下のように分類されます。
Ⅰ度(排便時にうっ血し、腫れあがるが脱出しない。)
Ⅱ度(排便時に脱出するが、自然に戻る)
Ⅲ度(排便時に脱出するが、指で押せば戻る)
Ⅳ度(常に脱出しており、指で押しても戻らない。内外痔核)
初期の内痔核であれば経過観察や薬での治療となることもありますが、程度によっては手術での治療が必要になります。
内痔核

外痔核(がいじかく)
外痔核は、肛門の外(皮膚側)にできる痔核です。
内痔核と異なり、常に肛門の外に出っ張っています。
上記のⅣ度内痔核などは、内痔核とこの外痔核が一塊化しており、内外痔核と呼ばれます。
また、外痔核内の静脈に血栓(血の固まり)ができると、血の色が赤黒く透けた血豆のようになります。これを『血栓性外痔核』と言い、突然の腫れと強い痛みを生じます。
血栓性外痔核の多くは薬で治療できますが、場合によっては、外来手術で血栓を取り除くこともあります。
外痔核

肛門皮垂(こうもんひすい)(skin tag)
肛門のふちにできた皮膚のでっぱり(突起物)です。
痛みや出血が出ることはありません。
肛門皮垂は、外痔核の血栓が消失して皮膚のたるみが残ったものや、裂肛のふちが盛り上がって出っ張りになったもの、肛門の手術創のふちが盛り上がって出っ張りになったものなどです。
肛門皮垂

「手術したらきれいなおしりになりますか?」

特に女性の方に多いご質問です。

肛門の手術の創は腫れて盛り上がりやすいです。
なぜなら肛門は血流が良く、さらに毎日の排便もあるため安静にすることが難しい部位だからです。
腫れが大きく出た方は、腫れがひいてもその部分が肛門皮垂として残ることがあります。

どんな手術であっても、多少は創の周りに皮膚のたるみが残ってしまうものです。
赤ちゃんのおしりのようには戻りません。

見た目が悪い、気になるから取りたい、というだけであれば積極的には手術をすすめない医師もいます。

せっかく痛い思いをして手術を受けても、また皮膚のたるみができてしまった、ということは少なくないからです。特に、小さな肛門皮垂の場合は尚更です。

肛門皮垂は痔と違って体に悪さをすることは無いので、基本的には放っておいても良いものです。
それでも、手術で切除したことで今よりもより良い生活を送れるようになるのであれば、
手術をする意味は十分あると考えています。

手術によって何が改善されるのか、また手術にはどのようなリスクが考えられるのか。
担当の医師によくご相談されることをおすすめしています。

痔核(いぼ痔)を悪化させる要因
  • 便秘や下痢などの排便習慣
  • 立ちっぱなしや座りっぱなしの生活
  • 力仕事
  • 冷え
  • 飲酒・香辛料などの刺激物
  • 妊娠・出産
痔核(いぼ痔)の治療は
(1)生活習慣の改善と薬物療法

初期の痔核であれば、生活習慣の改善や薬での治療で症状は良くなります。

(2)手術療法

(1)を行っても改善が見込めない場合などは手術を行います。

当クリニックで行っている痔核の日帰り手術

ジオン注射(四段階注射法)と結紮切除術、ゴム輪結紮術を行っています。

(1)ジオン注射(四段階注射法)(ALTA)
「ジオン注」硬化療法(ALTA法)とは「痔核に直接注射して縮小させる治療法」です。
Ⅰ~Ⅲ度の内痔核であれば、切除せずに注射のみの手術で治療ができます。

一方、大きなⅢ度内痔核や、Ⅳ度内痔核のように外に出っ張る外痔核成分を伴った内痔核では、ジオン注射のみだと一時的に良くなっても数年後に再発する可能性が高くなるので、切除手術を組み合わせることもあります。どちらの方がより良いかは担当医師による診断、有効な治療法の判断が非常に重要です。
なお、ジオン注射は妊娠中・授乳中の女性には使用できません。

メリット
切除することがないので、手術後の痛みや出血が少ない。
術後数日で痔核が縮小し脱肛しなくなること、出血しなくなることなど、即効性が高い。

デメリット
大きな内痔核の場合は再発する可能性がある。
手術数日後に、まれに発熱することがある。
ジオン注射

ジオン注射後の内痔核経過イメージ
(2)結紮切除術(痔核根治手術)
結紮切除術とは「痔核を切り取り結紮縫合する」、根本的に治す標準的な手術です。
結紮(けっさつ)は「糸などでしばって結ぶこと」を意味します。結紮切除術ではその名の通り、痔核の根元を結紮する切除法です。
手術では、まず紡錘状に皮膚切開をして痔核を剥離します。その後痔核に流入している動脈と痔核の根元を糸や特殊なゴムで結紮したのち、切除します。
痔核は表面の浅い層にあるので、肛門括約筋を傷つけることはありません。
切除後の手術創は、肛門側のみ一部縫合し、皮膚側は開いたままにします。これは半閉鎖法といいます。
肛門は便などの菌がたまりやすく、すべて縫い閉じてしまうと化膿してしまうのでこのような縫い方をします。

メリット
根治性が高い。

デメリット
痛み、術後出血のリスクがある。
日帰り手術の場合、切除可能なのは1~2か所。
結紮切除術

(1)+(2)ジオン注射+結紮切除術(痔核根治手術)の組み合わせ手術
ジオン注射と結紮切除術を組み合わせることで、デメリットを少なくし、より多くの方に日帰り手術を受けていただけるようになりました。

ジオン注射で小さくできる内痔核にはジオン注射を、ジオン注射では無理な大きな痔核には結紮切除術を行うことにより、 切除する個数を少なく、より痛みを軽減して治療することができます。
ジオン注射と結紮切除術の組み合わせ手術

結紮切除術の術後出血とは

手術後は多少なりとも出血するものですが、出血量や頻度は日に日に少なくなっていきます。しかし、結紮切除術の場合は動脈の処理を伴うため出血のリスクが高くなります。
中でも結紮切除後10日~14日ごろに大きく出血することを『晩期出血』と言います。
晩期出血は経験のある医師でも事前に予測することが難しいものです。
出血があった場合はすぐにクリニックまでご連絡いただき、クリニックでの止血処置が必要になります。

(3)ゴム輪結紮術
ゴム輪結紮術では、内痔核の根元を専用のゴムでしばって血流を断ちます。
縛られて血流が断たれた組織は壊死し、数日~10日前後で根元からぽろっと脱落します。
根元が残るため数年後に再発する可能性があり、(2)結紮切除術と比較すると根治性は劣りますが、年齢や健康状態、肛門の状態などを考慮して結紮切除術のリスクが高い場合などには有効な術式とされています。
ゴム輪結紮術は内痔核や粘膜部分が対象で、外痔核は治療対象外となります。

メリット
結紮切除術と比較して侵襲が少なく、痛みや出血が少ない。

デメリット
数年後に再発する可能性がある。
ゴム輪結紮術