透析アクセス、内シャントの日帰り手術

新宿外科クリニックでは、 血管外科医による日帰り透析アクセス治療を行っています。

内シャントは近年、“バスキュラー・アクセス”や“透析アクセス”と呼ばれています。

このアクセスは透析患者さんにとって命綱にも等しいものです。しかし、アクセスは一度作ったら終わりという訳にいかず、80〜90%の方は何らかのアクセストラブルにより追加治療が必要となるのが現状です。トラブルの内容によっては透析が困難となり、即日治療が必要になることも少なくありません。

日々の透析で生活上の制約を受けている方にとって、アクセストラブルでさらに時間を取られたり、心配が募るのは大変なことです。

当院ではアクセス治療の経験豊富な血管外科医を揃え、迅速に透析ライフに復帰していただけるよう、正確な診断と最善の治療をご提供いたします。

もちろん、新規のアクセス作製も行っております。

当院の基本方針

  1. 可能な限り日帰り手術
    早期に透析へ戻れるよう努めます。入院が必要な時には提携病院に依頼致します。
  2. 侵襲・痛みの少ない治療
    ガイドラインを遵守し、可能な限り侵襲の少ない治療法を選択。PTA拡張時には局所麻酔を使うなど、疼痛には留意しております。
  3. 可能な限り自己血管でのシャント作製
    タバチエールAVF,transpositionAVF等も行い、可能な限り自己血管で作製・再建します。
  4. 使用しやすい(穿刺しやすい)アクセスの作製
    長期開存する、穿刺しやすいアクセスを作製します。
  5. エコー検査を中心としたシャント管理・診断
    アクセスは閉塞する前にPTAで治療したほうが圧倒的に侵襲が少ないです。当院では無侵襲のエコー検査で評価・管理します。
  6. 知識・技術を最新・最善のものとする

担当医師

院長 岩嵜 友視

院長 岩嵜 友視

私は約25年間、東京医科歯科大学医学部附属病院とその関連病院で外科・血管外科医として修練してきました。
7年前より東京共済病院、豊島中央病院、大久保病院で多くのシャントトラブルを含むアクセス管理・治療の様々な経験を積んでまいりました。

安定した透析を行うために、アクセストラブルの管理・治療は患者様はもちろん透析室スタッフにとても大きな関心事であります。
そんなトラブル・憂慮に当院は迅速かつ適切に対応し、早期に安心して透析に戻っていただけるよう尽力いたします。

→ 略歴

また、都立大久保病院や東京山手メディカルセンター、国立国際医療センター、東京医科歯科大学医学部附属病院等と連携しており、有事の対応にも万全を期しております。

アクセス


大きな地図で見る

新宿駅から徒歩7分

〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-1-4
第2佐山ビル5F

診療日カレンダー

午前休 午後休 終日休

診療時間

 
AM
PM
●AM9:00-PM1:00 / PM2:00-PM7:00
○AM9:00-PM1:00 / PM2:00-PM6:00
診察の受付時間は曜日や診療内容によって異なります。
ご予約時にご確認下さい。
休診日:日・祝祭日

電話:03-5323-6006

メールでの初診のご予約はこちら