裂肛(切れ痔)とは・裂肛の手術

裂肛(切れ痔)とは

裂肛は、大きく2種類に区別されます。
肛門が切れて傷になった『急性裂肛』と、急性裂肛が長い経過で慢性化した『慢性裂肛』です。


急性裂肛(きゅうせいれっこう)
急性裂肛は、硬い便を無理に出した時などに切れてしまい、肛門に傷ができたものです。
なかには下痢が原因で切れてしまうこともありますが、便秘がちな女性に多い病気です。
急性裂肛の多くは、排便習慣の改善や薬で良くなります。
急性裂肛(きゅうせいれっこう)

慢性裂肛(まんせいれっこう)
慢性裂肛は、切れ痔を繰り返したことで急性裂肛が慢性化したものです。
急性裂肛に比べ、傷が深くて治りにくく、潰瘍になることもあります。
このように何度も切れ痔を繰り返した肛門はだんだんと硬くなり、狭くなっていきます。この状態を『肛門狭窄(こうもんきょうさく)』といいます。
硬く、狭くなった肛門はより切れやすくなり、薬ではなかなか良くなりません。
このような場合、手術で改善できることがあります。

慢性裂肛は肛門ポリープや肛門皮垂(見張りいぼ)を伴うこともあり、3つそろうことを「3徴」といいます。
慢性裂肛(まんせいれっこう)

裂肛(切れ痔)を悪化させる要因
  • 便秘や下痢などの排便習慣
  • 潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患
  • 肛門を使った性行為

※慢性裂肛に関しては、肛門の血の巡りが悪くなりがちな、冷え症・力仕事・アスリートの方にもみられます。

裂肛(切れ痔)の治療は
(1)生活習慣の改善と薬物療法

急性裂肛など、傷の浅い裂肛の多くは手術が必要なく、生活習慣の改善と薬によってよくなります。
切れ痔の原因となっている排便習慣(便秘や下痢)を、飲み薬や生活習慣の指導により改善させます。
また、切れたために傷になっている部分に対しては、塗り薬や坐薬で治癒を促します。
血液循環を改善する内服薬や冷え性改善の食事も有効です。

(2)手術療法

慢性裂肛や肛門狭窄の場合は手術を行います。
慢性裂肛や肛門狭窄を起こしている肛門は、強い緊張がかかっているために、血流が悪くなっている状態です。
血流が悪くなっていると薬を使用してもその効果は低く、傷の治りは遅くなります。
肛門の緊張を緩め、血流改善を促すことが裂肛手術の目的です。

当クリニックで行っている裂肛の日帰り手術
(1)側方皮下内括約筋切開術(LIS)
側方皮下内括約筋切開術とは、メスで肛門内括約筋の一部を切り広げ、肛門の緊張を緩める手術です。
肛門の外側から皮膚切開し、肛門括約筋を確認しながら切開を行うため、必要以上に肛門括約筋を傷つけることがありません。
主に、肛門狭窄を伴った慢性裂肛の方に行います。
手術後は、肛門狭窄が解消されたことで排便時に切れにくくなり、裂肛の傷の治療効果が高まります。

メリット
手術直後から排便のスムーズさを感じることができる。
他術式と比較し、痛みは軽い。

デメリット
切開するため、術後は多少痛む。
術直後は一時的に数日間ガスが漏れやすくなることがある。
側方皮下内括約筋切開術(LIS)

(2)ドレナージ創形成手術
慢性裂肛が順調に治りやすくなるために行う形成手術です。
ドレナージとは「排液法」「排膿法」を意味し、ドレナージ創は傷を化膿させないために、手術であえて傷を作るというものです。
肛門の傷は身体の他の部分と異なり、日々の排便で菌がつきやすい場所です。
菌が傷についたままになってしまうと、傷の治りは遅れ、悪化すると化膿して潰瘍化することもあります。
裂肛の傷も同様で、治りやすい傷の形に整える必要があります。

ドレナージ創形成手術では、菌が肛門の外に排出されるよう裂肛の傷を皮膚側に向かって縦に広げます。手術創は縫合せず、開放創です。
菌の逃げ道ができたことで、肛門の傷は内側(裂肛部分)から順に治っていき、最終的にドレナージ創もきれいに治ります。

メリット
比較的痛みを少なくして裂肛を治療することができる。

デメリット
ドレナージ創がふさがるまでの間、丁寧な排便後の洗浄処置が必要になる。
側ドレナージ創形成手術

(3)皮膚弁移動術(SSG(スライディング・スキン・グラフト))
皮膚弁移動術は、肛門狭窄と難治性の慢性裂肛があるために、肛門上皮という皮膚の部分が損傷していて、排便時に伸縮できないほど皮膚が不足している場合に行われる術式です。
裂肛とともに損傷した部位を取り除き、同時に肛門狭窄を解除するため肛門内括約筋も一部切断します。そののち、取り除かれた部分に外側の皮膚の一部を糸で寄せて移動させます。ただ寄せるだけだと皮膚がつっぱってしまうため、弧状にごく浅い皮膚切開を加えます。
術後は裂肛の傷が取り除かれ、肛門狭窄も解消されているので、排便もスムーズになります。

メリット
手術直後から排便のスムーズさを感じることができる。

デメリット
手術創が大きく、痛みが強い。
術直後は一時的に数日間ガスが漏れやすくなることがある。
皮膚弁移動術(SSG(スライディング・スキン・グラフト))

(4)ボトックス注射【保険適用外】
ボトックス注射には、筋肉を動かす神経伝達物質を遮断する作用があります。
肛門の内括約筋にボトックス注射をすることで、肛門の緊張を緩めることができます。
ボトックス注射の効果は数か月~1年ほどで消失しますが、その間に裂肛が治癒して生活習慣を改善すれば、裂肛の再発はありません。
ただし、術前と同じような生活習慣を続けているとまた裂肛になる可能性があります。そのような場合は再度ボトックス注射をして裂肛の治療をします。

ボトックス注射は(1)の側方皮下内括約筋切開術の注射版で、同様の効果があります。
切開を伴う手術に恐怖・不安がある方にはおすすめです。
なお、妊娠中・授乳中の女性には使用できません。

メリット
手術による外科的治療に劣らぬ効果があり、切開せず注射のみで治療ができる。
切開創がないので、手術中・手術後の痛みがほとんどなく、創の処置も必要ない。
注射後数日で肛門の緊張が緩み、排便時の痛みを和らげることが期待できる。
切開を伴う手術による痛みや生活への影響に不安のある方には有益な治療と考えられる。

デメリット
保険適用外のため、自由診療となる。(当院では一回の注射につき49800円、それに伴う検査を行った場合もすべて自費となる)
ボトックスの効果は数か月~1年すると消失する。
見張りいぼや肛門ポリープを合併している慢性裂肛の場合は、注射後にいずれ根治手術が必要になることがある。
ボトックス注射

当院での日帰り手術は保険診療の範囲内で行っておりますが、ボトックス注射治療のみ自費診療となります。当院では小杉医師の外来で行っています。
裂肛に対するボトックス注射治療は海外では多数行われている有効な治療法です。
保険適用外治療ということもあり、現在日本国内で行っている施設はほとんどありませんが、日本大腸肛門病学会の肛門疾患診療ガイドラインにもボトックス治療について記載があります。

小杉医師はこれまで70例の症例経験を学会発表しています。
ボトックス注射療法の適応や効果・副作用など詳細については小杉医師から直接患者様にご説明しています。

日本大腸肛門病学会・肛門疾患診療ガイドライン [PDFファイル]

参考文献(Pharmacological Sphincterotomy for Chronic Anal Fissures by Botulinum ToxinA)